部会

第27回 教育部会

第27回教育部会を開催いたします。

日時: 平成30年5月6日(日)14:00〜17:00
会場: アーツセラピー研究所(東京都目黒区上目黒1-2-11 藤和中目黒コ ープ1階)中目黒駅、徒歩5分

今回のテーマ
・「高次アクティブラーニング(目標創造型アクティブラーニング+ディープアクティブラーニング)実践例の検討」――占部愼一
・「新年度スタートからの不登校対応 ~登校渋りが始まった?!~」――田中典子

※当日のお問い合わせ先は、案内の2ページ目をご参照ください。

第26回 教育部会

日時: 平成30年3月4日(日)14:00〜17:00
会場: 東京理科大学 神楽坂キャンパス 森戸第2会議室(東京都新宿区神楽坂4-2-2)
今回のテーマ:「新年度にまつわる教育現場の不安―教師・子ども・親―」

占部愼一先生が英国Durham大学の客員研究員として現在イギリスに滞在しております。
そのため、今回の教育部会は田中典子先生が講師として担当されます。

占部愼一先生近況
 皆さんこんにちは。私は英国 Durham 大学から Visiting Scholar(客員研究員) として招待していただき、1月末から Durham に滞在しています。 日本と違う文化に慣れないことばかりですが、約130年前、単身ロンドン に渡り貧困にもめげず大英博物館の一隅で6年間研究し続け、無冠の身でネイ チャーに51本もの論文を書いた南方熊楠の情熱に思いを馳せ、ポジティブに 過ごしています。
続きはこちら(PDFファイル)

第25回 教育部会

2018年1月14日に、第25回教育部会が開催されます。

第24回 教育部会

いじめ、不登校の悩みに応える ~1人で悩まないで~

近年、ますます問題視されている、いじめ・不登校問題。
痛ましいニュースも次から次へと後を絶ちません。
そもそも、いじめとは…?これがはっきりと説明できなければ解決の糸口を見いだせません。
私達はどのように対応すべきなのでしょうか?
また、不登校・引きこもることによって子ども達は何を訴えているのでしょうか?
言葉にならない思いを必死に受け止めようと臨床現場で活躍中の講師とともに実際の悩みケースを検討する形でディスカッションを行っていきます。
なお、取り上げて欲しい事例を参加申込みと同時に受け付けております。

今回のテーマ

「不登校生の保護者心理」-田中典子
「ディープアクティブラーニングへの架橋―真正性とスキャホールディング(足場づくり)の探究―」-占部愼一

開催概要

日時 平成29年11月5日(日)14:00〜17:00
会場 東京理科大学 神楽坂キャンパス 森戸第2会議室(東京都新宿区神楽坂4-2-2)
アクセスマップはこちら
対象 教育・臨床現場をお持ちの方、保護者の方、学生
参加費 一般1,000円 / 会員500円

申し込み方法

以下のフォーム、もしくは申し込み書をダウンロード、印刷していただき、FAX・郵送でお申し込みください。