全国大会

日本人間関係学会第31回全国大会

プログラム・発表要旨集
第31回全国大会ページ

大会委員長のご挨拶

一般社団法人 日本人間関係学会
(日本学術会議協力学術研究団体)
大会委員長 西南学院大学 田中康雄

 第31回全国大会を対面形式で福岡市にございます西南学院大学で開催することとなりました。今回のテーマは「Withコロナ時代における対面コミュニケーションの重要性と人間関係の構築に向けて」です。本大会のシンポジウムでは、地域共生社会における人間関係について、複数のシンポジストが異なる視点から報告を行い、参加者を交えて議論を重ね、日本人間関係学会が捉える〔地域共生社会における人間関係のあり方とは何か〕を考えていきたいと思います。研究発表につきましては、研究発表・口頭実践発表を設定し、発表15分、質疑応答5分の計20分の時間を予定しております。詳細は「日本人間関係学会第31回全国大会プログラム詳細」にてご確認いただければと思います。
本大会が、学会の会則で定められた「様々な背景をもつ人々が共に集い、人間関係の充実・促進・ 創造を図る。豊かな人間関係の創造について、学際的研究・交流を深める。人間関係の危機の回復やよりよい発展を実現できる手掛かりや可能性を探究し、現実の人間生活の発展に貢献する。」という目的を達成するために有意義な大会となることを願っております。
多くの会員の皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げます。

日本人間関係学会第30回記念全国大会

プログラム・発表要旨集
第30回記念全国大会ページ

大会委員長のご挨拶

一般社団法人日本人間関係学会第30回記念全国大会
大会委員長 早坂 三郎 (甲子園短期大学 学長)

 この2年間、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ソーシャルディスタンスをはじめ公共交通機関利用自粛などの理由により本学会も全国大会の開催を控え、会員のみならず社会の安全・安心に配慮してきたところですが、最近の急増する第7波への感染防止対策状況を踏まえ、今年度本学会の全国大会を対面で実施することについて理事会でご審議頂き、2日間のスケジュールを1日に集約し、懇親会等については残念乍ら全体では企画しない前提のもと開催計画を立案することでご承認頂きました。
つきましては茲に、大会参加書、口頭(研究・実践)発表申込書をはじめとする全国大会実施要項等のご案内を申し上げます。何より、日本人間関係学会第30回記念全国大会を令和4(2022)年12月3日(土)に甲子園短期大学で3年ぶりに開催できますことを大変嬉しく存じております。
さて、新型コロナウイルスによるパンデミックは長期に及ぶと考えられ、既に、日常生活に大きな影響を及ぼし、医療現場の逼迫は言うまでもなく、教育機関においては教育方法の転換、そして社会においても様々な対応と変化を余儀なくされています。
特に、本学会にとっても、ソーシャルディスタンスのパーソナルスペースへの影響や人と人との接触の機会が感染拡大の大きな要因となる事には困惑させられます。併せて、世界的には持続可能な17の開発目標(SDGs)が掲げられ、教育貧困・食糧・健康と福祉・ジェンダー・エネルギー・環境・経済成長及び産業技術などの分野での目標達成に向け各国が取組みを進めていますが、多様性の理解及び平和と公正を求めることによっても安全・安心で持続可能なコミュニケーションが豊かになると考えます。
加えて最近の異常気象による温暖化や強雨による災害、また地震の頻発、そして何よりウクライナの悲惨なニュースには信じられない思いばかりで、無力さを実感させられます。そんな最中、AI化による社会活動や生活への影響はとても大きく、コミュニケーションにも変化がもたらされている現今ですので、今大会のテーマを「変革期の社会を考える―安全と安心のためのコミュニケーション―」とし、今後の本学会の役割と使命が、如何にこれからの社会にとって重要であるかの共通認識と果たすべき責務について考える機会にしたいと考えた次第です。
対面での大会開催に際しましては感染拡大防止対策について、皆様のご理解とご協力をお願いしますとともに安全で安心な大会運営に努めて参りますので、ご参加とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

(2022.8.09)

第29回全国大会

研究発表抄録集

日本人間関係学会第29回全国大会 大会委員長の挨拶

第29回全国大会 大会委員長
釜野 鉄平(聖カタリナ大学教授)

 全国大会の開催にかかわらせていただくのは、第22回全国大会が愛媛県で開催されて以来となります。
第29回全国大会のテーマは「コロナ禍における人間関係を考える」とさせていただきました。日本人間関係学会の活動も、昨年度からzoomなど新しいツールを用いて関係を継続しています。価値や生き方の多様化した現代社会において、「人間関係」をテーマとして取り扱う研究の意義は欠かすことのできないものとなっていますが、現在のコロナ禍では既存の関係が希薄・弱体化する場面も多く、「人間関係」を取り戻すだけではなく新・再構築する必要性も生じているといえるでしょう。
私の携わる高齢者福祉領域では、これまで様々な福祉機関・事業者が地域社会に定着させてきた高齢者サロンやイベントなどの場においても、昨年度のステイホームをきっかけに参加率の低下や開催そのものが中止になるなど、参加・交流の場が減少したことで高齢者の心身機能の低下が問題化しています。
このような背景からも、今回の大会テーマは本学会が取り組むことに大変な意義があるといえるでしょう。基調講演やシンポジウム、抄録集を通じて様々な学問・実践的見地から現代社会の人間関係について共に学び考えることのできる大会にしたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

第28回全国大会

研究発表抄録集発刊こちらより

「新しい生活様式と人間関係」
2020年度一般社団法人日本人間関係学会は、学会ニュース第99号の理事長挨拶にあるように、第28回全国大会を誌上発表にて成立させる運びとなりました。
また、理事会では、今大会のテーマを「新しい生活様式と人間関係」と決定しました。
対面でのプログラム実行は叶いませんが、よき研究・実践交流の機会となれば幸いです。
ついては、発表者を募集いたしますので、誌上発表(抄録原稿掲載)をご希望の方は、奮ってご応募くださるようお願いいたします。
詳細はこちらをご覧下さい。
(第28回大会委員長 谷川和昭)
申込先はこちらより(2020年11月15日締切)

第27回全国大会

台風19号の影響により11月30日(土)~12月1日(日)に延期されました。
詳細はこちらをご覧下さい。
2019年度 第27回全国大会「日本医療科学大学」

 日時 : 11月30日(土)~12月1日(日)
住所 : 埼玉県入間郡毛呂山町下川原1276
テーマ:「超高齢社会における人間関係とオーラルフレイル」 大会プログラム・発表要旨集
参加申込書 発表申込書 発表要旨集原稿執筆要領

第26回全国大会

2018年度 第26回全国大会「東北医科薬科大学」